Android N、正式名称はやはり「Nutella」に? ―グーグル幹部が示唆

The Vergeは15日(現地時間)、米グーグル幹部のヒロシ・ロックハイマー氏が、自身のTwitterアカウントを通じて、「Android N」の正式名称が「Nutella」となる可能性を強く示唆したことを報じています。


ロックハイマー氏は先日、突如として「現在、自分が非常に強く心惹かれている料理」と題し、イタリア料理のデザートメニューの画像をTwitter上に投稿しましたが、その一覧の中には、Android Nの正式名称の有力候補と目されているNutellaの文字が確認されていました。

そして数日前、同氏は、最新版「Chrome OS」のデスクトップ画面を捉えたスクリーンショットを新たにTwitter上に公開。複数のウィンドウによって覆い隠されるようにして開かれたGoogle Chromeブラウザの検索ボックスの中にも、Nutellaの文字を認めることができます。


また、同氏は過去にも、自身がNutellaのファンであることを公言するツイートを投稿していますが、一連の投稿の意図について寄せられた質問に対しても、はっきりとした答えは口にせず、冗談交じりにその真意をはぐらかしました。

なお、Android Nの正式名称は、オンライン公募により決定される予定ですが、その最終的な決定権は変わらずグーグルが握っている模様。下馬評通りにNutellaが正式採用されるのか、はたまた思わぬ伏兵が潜んでいるのか。今後の発表には要注目です。

[Twitter[1][2] via The Verge]

ソーシャルシェア

コメント投稿