ARM、次世代高性能CPU・GPUコア「Cortex A73 / Mali-G71」を発表

英ARMは30日(現地時間)、次世代高性能CPUコア「Cortex A73」および高性能GPUコア「Mali-G71」を発表しました。

1 Cortex A73 performance gain

Cortex A73は、「Artemis」の開発コードネームで知られていたARMの次世代CPUコアですが、ARMによると、2017年以降の製品化が予定されている「10nm FinFET」プロセスで製造された場合、パフォーマンスおよび電力効率の双方において、「Cortex A72」比で30%の向上が果たされるとのことです。

さらに、10nm FinFET版の最大動作周波数は2.8GHzにも達する一方で、消費電力については750mWを下回ることとなる模様。1コアあたりの面積はわずか0.65平方ミリメートルと、「ARMv8」アーキテクチャにおいて最小を実現しています。

一方で、「16nm FinFET」のような現在主流の半導体プロセスで製造されるCortex A73については、ミッドレンジモデルを中心に採用される予定であることも明らかにされました。

1 Cortex A73 performance gain_2

また、Mali-G71は「Mali-T880」の後継モデルとなり、アーキテクチャの刷新やさらなる最適化の結果、パフォーマンスにおいて50%、電力効率においては20%の性能向上を実現。また、新たに4K(3840×2160)解像度の映像を120fpsで出力することを可能にしています。

なお、両製品ともに2016年末頃までに生産が開始され、2017年前半中にも実際の製品に採用されて登場する見通しです。

[AnandTech via Phone Arena / ARM via GSMArena]

ソーシャルシェア

コメント投稿