次世代Galaxy Note、やはり正式名称は「Galaxy Note7」となる模様 ―公式ロゴがリーク

世界的な情報筋のエヴァン・ブラス氏は、「Galaxy Note 7」の公式ロゴを、新たに自身のTwitterアカウント上にリークしました。

ブラス氏がリークした画像を見る限りでは、次世代Galaxy Noteの名称はGalaxy Note 7ではなく、「Galaxy Note5」と同様に、「Note」と「7」との間に空白を入れない「Galaxy Note7」となる模様です。

また、ブラス氏は今回、Galaxy Note7の “確定的な” スペック情報もリーク。

同氏によると、Galaxy Note7には、WQHD(2560×1440)解像度の5.7インチSuper AMOLEDディスプレイと64GBのストレージを搭載するほか、メインおよびフロントカメラには、それぞれ1200万画素のデュアルピクセルセンサーと500万画素のイメージセンサーを採用する見通しとのことです。

さらには、虹彩認証センサーとmicroSDカードスロットも備えられているほか、「Galaxy S7」シリーズと同様にIP68相当の防塵防水性能が付与されていることも明らかにされました。

なお、カラーバリエーションには、ブラック、シルバーおよびブルーの3色が用意される模様ですが、そのうちブルーモデルの名称は「Blue Coral(ブルーコーラル)」となる見込みです。

[Twitter[1][2][3]]

ソーシャルシェア

コメント投稿