ウェアラブルデバイス、2020年には出荷台数2億台を突破へ ―IDCが最新予測を発表

CNETは15日(現地時間)、2020年におけるウェアラブルデバイスの総出荷台数は、2億台を突破するとの予測が示されたことを報じています。

65 Wearble devices

米国の市場調査会社International Data Corporation(IDC)が発表した最新情報によると、2016年におけるウェアラブルデバイスの総出荷台数は、前年度比29%増となる1億190万台に達する見通しとのことです。

さらに、市場規模は今後数年に渡り毎年20%程度のペースで拡大していくことが予想されており、2020年には、その数が2億1360万台にまで増加するとの予測も示されました。

また、現在のウェアラブルデバイス市場においては、スマートリストバンドが50%強ものシェアを握っており、スマートウォッチは40%程度とやや劣勢にあると言えます。しかしながら、2020年には完全に関係が逆転。前者が28.5%にまでシェアを落とす一方で、後者は52%にまでシェアを押し上げる見込みとのことです。

そのほか、現在の市場におけるスマートアイウェアとスマート衣服が占める割合は、合算してもわずか1%にも満たない状況にあるものの、2020年までには、それぞれ8.8%と7.3%にまでシェアが増大することとなる模様。

進化と多様化の激しい市場において、5年後の予測をどこまで当てにして良いものかは分かりませんが、ここ最近のガジェット界隈を見る限りでは、少なくとも今後数年間は、ウェアラブルデバイス市場が成長し続けることは間違いなさそうです。

[CNET via Phone Arena]

コメント投稿