「iPhone 7」の実機画像がリーク ―メインカメラの大型化を確認

中国Weibo上に、「iPhone 7」の筐体を捉えたとされる画像が、新たにリークされました。

86 leaked iPhone 7 casing

画像を見る限りでは、メインカメラは「iPhone 6s」シリーズよりも、一回り大型化しているほか、帯状のアンテナも端末の上下辺に沿うような配置へと変更されているように見受けられます。

また、iPhone 7シリーズにおいては、3.5mmイヤホンジャックの廃止が有力視されていましたが、今回画像をリークした有没有搞措氏によると、この筐体にはイヤホンジャックの存在が確認されたとのことです。

なお、iPhone 7に現行モデルよりも大きなカメラモジュールが採用される可能性については、既に先日、世界的な情報筋として名高いスティーブ・ヘミストーファー氏も、画像のリークとともに指摘しています(過去記事)。

一方で、兄弟モデルである「iPhone 7 Plus」には、デュアルカメラモジュールが搭載される見通しですが、iPhone 7においては、より従来的な方法でカメラ性能の強化が図られることとなりそうです。

[Weibo via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿