新型MacBook Proの本体写真が流出 ―ついにMagSafeやSDスロット廃止か

アップルに関する情報を専門に扱うウェブサイト「Cult of Mac」によると、今秋に発売が予想されている新型MacBook Proの筐体を撮影したとされる画像がリークされました。リーク画像からは、ファンクションキーの代わりとなる「タッチ式の有機ELパネル」が搭載されるとみられる部分が見て取れます。

17 leaked new MacBook Pro body

今回のリークは、アップルの製造パートナーの従業員を “自称する” 人物によりリークされたものであり、従来、ファンクションキーが配置されていた場所に、タッチバーを搭載するのにちょうど良い “不自然な余白” が設けられているように見受けられます。

先日には、アップルの新製品情報などを追っているアナリストのミンチー・クオ氏が示唆した内容として、新型MacBook Proシリーズにおいては、薄型軽量化が果たされるほか、キーボードの最上段に配置されているファンクションキー列は、有機ELパネル製のタッチパネル(バー)に置き換えられる可能性に言及しています(過去記事)。

17 leaked new MacBook Pro body_3

17 leaked new MacBook Pro body_2

今回の画像は、キーボードとトラックパッドの比率などから推察して13インチモデルのものであるとみられますが、ステレオスピーカーの配置位置は、現行の15インチモデルと同様にキーボード部の両脇になるようです。

画像からわかるその他の変更点としては、重大な要素として側面に4基の「USB Type-C」ポートのみが搭載されるようです。MacBookシリーズの革新的な充電アクセサリーとして特徴的であったMagSafe 2やmicroSDカードスロットなどが廃止される可能性が出てきました。

3.5mmステレオミニプラグ端子も存在しないことから、新型のiPhone 7シリーズと同様に端子に関するアップルの新たなスタンスを示すものとなりそうです。過去にはThunderboltなどの大々的な導入が掲げられたこともありましたが、このリーク画像が本物であればThunderboltが短命に終わる可能性もでてきました(アップル社のコンシューマー向けモデルにおいて / MacProはプロユースとして残り続けると推察されます)。

なお、新型MacBook Proシリーズには指紋認証センサーが新たに搭載されるほか、超薄型MacBookシリーズにも13インチモデルが追加される見込みとのことです(過去記事)。

[Cult of Mac via 9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿