サムスンの折り畳み式スマホ「Project Valley」、2017年第1四半期中に発表か ―MWC 2017

Bloombergは7日(現地時間)、韓国サムスンの “折り畳み式スマートフォン” は、2017年第1四半期中に開催される見通しのMWC 2017において、Galaxy Sシリーズに属する製品として発表される見込みと報じています。

40 Flexible OLED Screen

Bloombergによると、「Project Valley」の開発コードネームで知られているサムスンの折り畳み式スマートフォンには、1ないしは2機種の端末が用意されているほか、少なくともその一方については、折り畳んだ状態では5.0インチ相当、展開した状態では8.0インチ相当の端末として使用可能になるとのことです。

また、2017年には、サムスン最大の好敵手である米アップルも、自社製端末に有機ELディスプレイを採用し始める見通しと伝えられていますが、サムスンにおいては、2017年早々に折り畳み式端末を発表してしまうことにより、アップルおよびその新製品を牽制する意図があるとされています。

そのほか、Bloombergは今回、今夏中の登場がほぼ確実視されているGalaxy Noteシリーズの最新モデルについて、その名称が「Galaxy Note 6」ではなく「Galaxy Note 7」になる見込みと報道。2つの異なる錯情報が錯綜している巷に、新たな判断材料を投下しました。

なお、Project Valleyのスペックなどに関する有力な情報について、これまでに有力な情報はほとんど判明していません。仮にMWC 2017で発表されるのだとするならば、「Snapdragon 830」や「Exynos 8 Octa 8890」後継モデルの搭載などにも期待できそうです。

[Bloomberg via Phone Arena]

コメント投稿