サムスン、耳栓型ウェアラブル端末Gear IconXを発表 ―フィットネストラッキング機能も実装

韓国サムスンは3日、フィットネストラッキング機能を備えるコードレスイヤホン型オーディオプレイヤー「Gear IconX」を発表しました。

20 Gear IconX

Gear IconXは、スタンドアロン型のオーディオプレイヤーとしての側面に加え、フィットネストラッカーとしての側面をも併せ持つウェアラブルデバイスです。

サムスンが提供するヘルスケア関連のアプリ「S-Health」と連携させることで、接続したスマートフォンとの間において迅速なデータ共有を可能にします。同時にリストバンド形式の「Gear Fit2」も発表されており、同様の仕組みになっているようです。

この製品は耳に装着するだけで起動するほか、装用者に対して運動の進捗状況などに関する音声通知を行う機能も存在します。また、端末自体に4GBの内蔵ストレージを搭載したことで、MP3形式の楽曲を最大1000曲まで保存することを可能になりました。

運動に特化したウェアラブル端末では、スマートフォンを持ち歩かない運動用途向けに、非連動時における機能の豊富さも選択要素になりますが、音楽保存機能などを有することで消費者の心を掴むようです。

なお、Gear IconXは、2016年第3四半期中に発売される予定ですが、詳細な時期や販売価格などについては、追って発表されることが予告されています。

[サムスン via Phone Arena]

コメント投稿