ソニー、新型ローエンドモデル「Xperia E5」を発表 ―5.0インチモデルに

ソニーは31日、2016年のローエンドモデル「Xperia E5」を発表しました。

10 Xperia E5_2

先日、ソニーのFacebookアカウント上に、誤ってXperia E5の画像が公開されたことが報じられましたが(過去記事)、ついに今回、最新のローエンドモデルとして正式に発表されました。

以下は、Xperia E5の主なスペック。

OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.0インチ HD(1280×720)ディスプレイ
SoCMediaTek 64-bit クアッドコア MTK6735
RAM1.5GB
ストレージ16GB
メインカメラ約1,300万画素
フロントカメラ約500万画素
ネットワーク4G LTE通信 対応(Cat.4)

ワイヤレス
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth通信
NFC
バッテリー2,700mAh
その他microSDカードスロット(最大200GB)
外形寸法144(W) × 69(D) × 8.2(H) mm
本体重量147g

直近のリーク情報では、HD(1280×720)解像度の4.6インチディスプレイが採用されるとのことでしたが(過去記事)、蓋を開けてみれば5.0インチモデルとなりました。また、ローエンドモデルとしては、全体的に充実したスペックに仕上げられています。

10 Xperia E5

なお、Xperia E5は欧州、中南米、中東およびアフリカ市場において、223ドル(約2万5000円)にて販売される予定です。

[ソニー via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿