「Surface 3」、2016年12月に生産終了へ ―マイクロソフトが公式に告知

ZDNetは、米マイクロソフトが同社製の10.8インチWindowsタブレット「Surface 3」の生産を、2016年12月に終了することを予告したと報じています。

87 Surface 3

ZDNetによると、今回告知されたのはSurface 3の生産終了についてのみであり、後継モデルの投入計画などについては、一切の言及が避けられたとのことです。

一方で今回、昨年10月に発表されたウェアラブルデバイス「Microsoft Band 2」についても、現在の在庫分の販売が完了し次第、生産が終了される可能性が示唆されましたが、やはり後継モデルの存在は不明となっています。

現時点では、Surface 3が同シリーズにおける最後の製品となってしまうのか、はたまた将来的に後継モデルが投入される予定なのかは定かではありません。

しかしながら、来春頃の実施が噂されている「Windows 10」の次々期大型アップデート「Redstone 2」に合わせて、多くの新製品が登場するとも伝えられており、あるいはSurface 3もその流れに乗って発表されることになるかもしれません。

なお、2017年には、「Surface Pro 5」や「Surface Book 2」のほか、「Surface Phone」も発売される見通しです。

[ZDNet via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿