Surface Pro 5、「Kaby Lake」シリーズと16GBのRAMを搭載か ―4Kディスプレイのオプション追加も?

MobiPickerは7日(現地時間)、米マイクロソフトから来春頃にも発表される見込みの次世代2-in-1タブレットPC「Surface Pro 5」のスペックについて、新たな情報がリークされたことを伝えています。

36 Surface Pro 5

MobiPickerが独自に繋がりを持つ中国の情報筋が明かしたところによると、Surface Pro 5には、米インテルの次世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」シリーズが採用される一方で、RAM容量は現行モデルと同等の最大16GBまで搭載させることが可能とのこと。

Surface Pro 4に搭載されていたのはDDR4メモリではなくDDR3メモリでしたが、Surface Pro 5においては、DDR4メモリへと変更されていることに期待したいところです。

そして、Surface Pro 5の標準モデルについては、現行シリーズと同じく2K(2736×1824)解像度のディスプレイが採用されるものの、新た4K(※詳細不詳)解像度のパネルもオプションとして用意されるほか、「Windows 10」の次々期大型アップデート「Redstone 2」のリリースと時期を合わせて提供される見込みとしています。

また、先日には、マイクロソフト幹部のパノス・パナイ氏によって、Surface Pro 5および「Surface Book 2」の登場が来春頃を予定していることが示唆されており(過去記事)、年内の発売を見据えていた当初の計画が変更されたのは、Kaby Lakeシリーズの登場を待つためである可能性が有力視されていました。

なお、MobiPickerは今回、Surface Pro 5には、新たに米NVIDIAおよび米AMDの最新GPU「Pascal」または「Polaris」のどちらかが搭載される可能性についても言及していますが、Surface Pro 4と「Surface Book」との関係性を見る限りにおいては、実現される可能性は低そうです。

[MobiPicker via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿