米アップル、WWDC 2016を6月13日から開幕 ―招待状を送付

米アップルは1日(現地時間)、同社の開発者向け年次カンファレンスWWDC 2016の招待状を関係各所に送付しました。

11 invitation for WWDC 2016

今年のWWDCにおいては、「iOS 10」と「Mac OS X 10.12(macOS 10.12/内部コードに左記の記述が発見されている)」のほか、「watchOS 3」および「tvOS 10」など、アップルの提供する各種OSの最新版に関する発表が主な焦点となる見通しです。

招待状に添付された画像からも察することができるように、ソフトウェアコード(/プログラミング)におけるコメント文表記である「/* */」といったものが存在しており、全体的なデザインテイストはテキストエディタを彷彿とさせるものとなっています。このことからもソフトウェア開発者に対して強いアピールをするイベントになることは容易に想像できるところです。Swiftまたは関連ライブラリに関する追加発表にも期待がかかります。

また、直近の情報では、数年ぶりのモデルチェンジを果たした新型「Thunderboltディスプレイ」や「Macbook Pro」のリフレッシュモデル、「Apple Watch 2」などの発表も期待されていますが、WWDCはソフトウェアに焦点を当てたイベントであることを踏まえると、ハードウェア関連の発表にはあまり期待しない方が良さそうに思われます。

なお、WWDC 2016は、6月13日から17日にかけて、米サンフランシスコにおいて開催される予定です。

[Wired via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿