カール・ツァイス、新型VRヘッドセット「ZEISS VR ONE Plus」を今年8月に発売へ

Phone Arenaは17日(現地時間)、ドイツの老舗光学機器メーカーであるカール・ツァイス製の新型VRヘッドセットの出荷が、今年8月中に開始される予定と伝えています。

71 ZEISS VR ONE Plus_1

カール・ツァイス製の新型VRヘッドセット「ZEISS VR ONE Plus」は、2014年10月に発表された「ZEISS VR ONE」(過去記事)の後継モデルとなりますが、“OSプラットフォームを問わない” という最大の特徴を継承しつつ、機能性や装用感を大幅に改善させています。

韓国サムスン製の「Gear VR」と同様に、スマートフォンをマウントに装着して使用する方式はそのままに、対応するディスプレイサイズを従来モデルよりも拡大。iOSとAndroid OSを問わず、4.7インチから5.5インチまでのディスプレイを搭載する端末をサポートしたほか、将来的には米グーグルの「DayDream」プラットフォームへの対応も果たす模様です。

71 ZEISS VR ONE Plus_2

また、空間にかなり余裕を持たせた設計としたことにより、眼鏡を装用したままでも快適に利用可能になったほか、一般的なVRヘッドセットではほぼ必須である手動でのピント調整などが不要となったとのことです。

なお、出荷開始は2016年8月中が予定されていますが、既にオンラインストアを通じて129ユーロ(約1万5400円)にて予約注文の受付が開始されています。

[OneButton GmbH & Co. KG via Phone Arena]

コメント投稿