米マイクロソフトは8日(現地時間)、来る7月13日に、Linuxプラットフォーム向け「Skype」に関する “Exciting news(心躍るような知らせ)” を発表することを、公式に予告しました。

65 Skype for Linux

マイクロソフトによると、7月13日にはSkypeの公式コミュニティにおいてQ&Aセッションを開催し、その場を通じてLinux向けSkypeに関する発表も行われる予定とのことです。

残念ながら、発表される内容については判明しておらず、また今回、それを探るためのヒントも示されませんでした。

なお、最後にLinuxプラットフォームに対して安定版のSkypeクライアントがもたらされたのは2014年6月18日のことであり、それから丸2年以上も更新が行われておらず、あるいは予定されている発表は、2年ぶりの最新Skypeクライアントに関する内容となるのかもしれません。

また、これまではSkype for Webにおいて、Chorme OSおよびLinuxはどちらも音声および映像通話をサポートしていませんでしたが、ついに昨日、両プラットフォームともに対応を果たしました。

これを受けてNeowinは、7月13日に起こり得るもう1つの出来事として、Linux向けクライアントの廃止が宣言され、Webアプリ版の「Skype for Web」への移行が促される可能性を指摘しています。

実際に何が発表されるかは分かりませんが、“心躍るような知らせ” というマイクロソフトの言葉を信じるならば、少なくともLinuxユーザーにとっての朗報が発表されることとなりそうです。

[Microsoft via Neowin]