米アップル、韓国の公正取引委員会による捜査の対象に

ロイターは28日(現地時間)、韓国の公正取引委員会において委員長を務めるチョン・ジェチャン氏によって、現在米アップルが捜査の対象となっていることが明かされたと伝えています。

apple-logo-store

今週火曜に開催された審理においてジェチャン氏は、韓国市場内におけるアップルに “some matters(幾つかの問題)” があるとして、現在同社を取り調べていることを明かしました。

しかしながら、同氏はその詳細に関する一切の言及を避けたため、何故アップルが公正取引委員会に目を付けられることとなったかについては不明となっています。

なお、現地通信キャリアとの間に交わされた契約に問題がある可能性も指摘されていますが、現時点までに、アップルからは今回の報道に対する声明は発表されていません。

[ロイター via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿