Phone Arenaは8日(現地時間)、韓国サムスン製の未発表SoC「Exynos 8893」を搭載した「SM-N935F」という端末が、Geekbenchベンチマークのデータベース上に確認されたことを伝えています。

63 Galaxy Note7 with Exynos 8893 on Geekbench

新たに発見されたデータによると、SM-N935Fは、Geekbenchベンチマークテストにおいて、シングルコア性能で2300点、マルチコア性能では8110点という非常に高いスコアを記録したとのことです。

また、「Galaxy Note7」の型番としては「SM-N930」が知られていますが(過去記事)、世界的に高い人気を誇る「Galaxy S7」および「Galaxy S7 edge」には、それぞれ「SM-G920」と「SM-G925」という型番が与えられています。

仮に、SM-N930とSM-N935がGalaxy S7シリーズと同様の関係性にあるのならば、前者はフラットディスプレイ搭載モデル、後者はデュアルエッジスクリーン搭載モデルとして登場することになるのかもしれません。

なお、SM-N935Fには、「Android 6.1」という未発表バージョンのOSと4GBのRAMが搭載されている模様ですが、直近の情報によると、Galaxy Note7には「Android 6.0.1 Marhsmallow」または「Android 7.0 Nougat」、および6GBのRAMが搭載される見込みとのことです。

[Geekbench via Phone Arena]