「BlackBerry 10」、ソフトウェアアップデートを主軸に今後も継続へ ―廃絶の噂を否定

Rapid Mobileは30日(現地時間)、BlackBerryの展開する「BlackBerry 10」プラットフォームを、ソフトウェアアップデートを主軸として今後もサポートし続けていく予定であることが、公式に明かされたと伝えています。

15 BlackBerry devices

Rapid Mobileは当初、BlackBerry 10搭載端末が製造終了を迎えることが、米VerizonおよびAT&Tに対して公式に告知された模様として報じていましたが、BlackBerryは今回、その報道に対する公式声明をRapid Mobileに対して通達しました。

BlackBerryによると、同社は今後もBlackBerry 10プラットフォームを維持していく予定であり、既に来月には次期アップデート「BlackBerry 10.3.3」を、来年には次々期アップデートの提供を予定しているとのことです。

一方で、同社は今回、BlackBerry 10スマートフォン「BlackBerry Classic」の生産を終了する予定であることを明言。同社製Androidスマートフォンへの “乗り換え” を強く推奨しています。

なお、今年1月末には、将来的にBlackBerry OSから完全に撤退する可能性が公式に示唆されましたが(過去記事)、今回の報道を見る限りでは、少なくともこの1~2年のうちにそれが現実となることはなさそうです。

[Rapid Mobile via Neowin]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2016年7月2日 22:17 No.288 返信

    まだやんの?
    売りであるセキュリティが致命的なのバレたのに?

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます