米Corningは20日(現地時間)、同社の誇る強化ガラス素材「Gorilla Glass」シリーズの最新モデルとなる「Gorilla Glass 5」を発表しました。

109 Gorilla Glass

Corningの実施した調査によると、スマートフォン所有者の85%以上が年に1度はスマートフォンを取り落としてしまっており、さらには年に3度以上の落下を経験しているユーザーの割合は55%にも達しているとのことです。また、同じ調査によって、腰または肩の高さから落下するケースが最も多いことが判明したとしています。

そして、新たに発表されたGorilla Glass 5は、2014年に発表された「Gorilla Glass 4」の後継モデルとなりますが、落下による衝撃に対する耐久力に焦点を当てて開発されており、1.6mの高さから落下した際の “生存率” はおよそ80%を実現したと謳われています。

なお今回、既にGorilla Glass 5の量産が開始されていることに加え、さらなる詳細については数ヶ月以内にも明かされることも予告されました。早ければ今秋以降に登場する最新モデルの幾つかに採用されることになるかもしれません。続報に要注目です。

[NASDAQ via Phone Arena]