DELL、Android OS版「Venue」タブレットシリーズの販売を終了へ

PCWorldは30日(現地時間)、米DELLが、Android OSを搭載する端末の販売を全面的に終了することを公式に明かしたと伝えています。

16 Dell Venue 8 7000

画像は「Venue 8 7000」のもの

DELLの広報担当者がメールを通じて告知したところによると、同社製のタブレット端末「Venue」シリーズのうち、Android OSを搭載するモデルについて販売を完全に終了し、以後は「Windows 10」を搭載する2-in-1デバイスに注力していくとのことです。

また、サポート期間内に限り、今後もソフトウェアおよびサービス両面でのサポートは継続される一方で、Android OSのアップデートについては実施されない予定であることも明らかにされました。

なお、Androidプラットフォームからの撤退を余儀なくされたDELLではありますが、同じく米グーグルの提供する「Chrome OS」プラットフォームにおいては、安定した地位を獲得しているように思われます。

今回の決定は、Chrome OS上でのAndroidアプリの利用が現実のものとなりつつある今、いよいよDELLにとってAndroid OSにこだわる理由がなくなったということの表れなのかもしれません。

[PCWorld via 9to5Google]

ソーシャルシェア

3 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2016年7月2日 20:24 No.276 返信

    産廃ばっかりだったから仕方ないね

  2. No Name 2016年7月3日 06:49 No.317 返信

    産廃ロイド

  3. No Name 2016年7月3日 15:06 No.359 返信

    残念だ。。。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます