Tech Updatesは24日(現地時間)、「Galaxy Note7」には、1200万画素のシングルカメラモジュールが搭載される見通しと伝えています。

128 leaked Galaxy Note7 press render

先日リークされた「Galaxy Note7」のプレス向けレンダリング画像

Tech Updatesによると、インドの輸出入情報を公開するWebサイトとして知られるZaubaのデータベース上に今回、「SM-N930F」向けの1200万画素イメージセンサーが、韓国からインド国内へと輸入されたことを記した情報が確認されたとのことです。

なお、「SM-N930」は、Galaxy Note7に与えられた型番であることが、先日ロシアの地にて判明しています(過去記事)。

128 12MP image sensor for Galaxy Note7 reveal on Zauba

Zaubaのデータベース上に登録されていた「Galaxy Note7」向けイメージセンサーの情報

また、これまでGalaxy Note7には「Galaxy S7」シリーズと同一のイメージセンサーが採用される可能性が有力視されてきましたが、新たにZauba上に発見されたデータを見る限りでは、その見立てに狂いはなかった模様。

そのほか、Galaxy Note7には4000mAhバッテリーの採用が期待されている一方で、ここ最近は、実際には3500mAhのバッテリーが搭載されることを指摘する情報も伝えられているほか、RAMの容量も6GBではなく4GBにとどまる見込みとされており、当初想定されていたよりも “現実的な” スペックの端末として登場することとなりそうです。

[Zauba via Tech Updates via Phone Arena]