Phone Arenaは21日(現地時間)、「iOS 10」の最新ベータ版において、水分や水滴などによる不慮の損害を未然に防ぐ警告機能が実装されていることが判明したと伝えています。

0分53秒~1分18秒

Phone Arenaによると、「iOS 10 Beta 3」を導入した「iPhone 6s」、「iPhone 6s Plus」および「iPhone SE」において、Lightningポート内に水滴などが付着した状態でケーブルを接続すると、すぐにケーブルを取り外すよう促す警告メッセージがポップアップ表示されるようになったとのことです。

なお、現時点においてこの新機能が有効化されるのは上述の3機種のみとなる模様ですが、おそらく将来登場するiPhoneシリーズはすべて対応しているものと思われます。

また、「iPhone 7」シリーズにおいてはついに防水機能が実装されるとも噂されていますが、どうやら米アップルはハードウェア面のみならず、ソフトウェア面からも防水性能の強化を図る心積もりのようです。

[YouTube via Phone Arena]