アップル、「iOS 10」パブリックベータ版の提供を開始

米アップルは7日(現地時間)、「iOS 10」パブリックベータ版の提供を開始しました。

47 iOS 10 public beta launched

既に開発者向けベータ版については入手可能な状態となっていましたが、ついに今回、一般消費者向けのベータ版となるパブリックベータ版についても、提供が開始されました。

パブリックベータ版を導入することにより、「Touch ID」を利用して端末ロックを解除した後、もう一度ホームボタンをタップすることでホーム画面にそのまま移行できるようになったほか、ロック画面上で左方向にスワイプすることで、カメラアプリを直接起動させることなども可能になりました。

さらに、アップデート内容には、特にアップル純正のアプリにおける「3D Touch」機能の強化および改善に加え、「メッセージ」アプリの機能拡張なども含まれています。

以下は、iOS 10のインストールが可能となるiOSデバイス一覧。

  • 「iPhone 5」以降のiPhoneシリーズ
  • 「iPad mini 2」以降のiPad miniシリーズ
  • 「iPad(第4世代モデル)」以降のiPadシリーズ
  • 「iPod Touch(第6世代モデル)」以降のiPod Touchシリーズ

なお、あくまでもベータ版であるため、iOS 10にて実装されるすべての新機能や新要素が利用可能となる訳ではありません。

また、動作の安定性やバグ修正の精度などには不安が残されているため、導入の際にはデータのバックアップをしっかりと実施するなど、予め適切な対策を講じておいた方が良さそうです。ダウンロードは下記リンク先(左)をご参照下さい。

[アップル via Phone Arena]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます