Neowinは23日(現地時間)、「iOS 9」のプラットフォーム内シェア率が、2016年7月18日付で86%を突破していたことが判明したと伝えています。

iOS 9 proportion in the iOS platform

今年4月下旬の時点におけるシェア率は84%でしたので(過去記事)、およそ3ヶ月でわずか2%程度しかシェアを増大させることができませんでした。また、今年2月下旬から4月下旬までの2ヶ月間での伸び幅が7%であったことを思うと、そのペースは確実に鈍化していると言えます。

とは言うものの、既にほぼ9割のユーザーが最新世代のOSへの移行を済ませており、そして既に「iOS 10」の登場まで2ヶ月を切りつつあることを勘案するに、拡大ペースが再び上向くことはなさそうです。

iOS 10世代においても、現在の米アップルが誇る最新OSへの高い移行率が維持されることに期待したいところです。

[アップル via Neowin]