MediaTek COO、次世代フラッグシップSoC「Helio X30」の一部詳細を明らかに

EE Times Chinaは25日(現地時間)、台湾MediaTekのCOOであるジェフリー・ジュ氏によって、同社が将来的に発表を予定している次世代フラッグシップSoC「Helio X30」に関する情報が明かされたことを報じています。

135 MediaTek logo

ジュ氏が明かしたところによると、Helio X30は既存のフラッグシップモデル「Helio X20」や「Helio X25」と同じく10基のCPUコアから成るデカコアSoCとなり、次世代半導体技術の「10nm FinFET」プロセスによって製造される予定とのことです。

また、GPUには、米Imagination Technologies製のチップを採用する模様。同社製のGPU製品は、米アップルの誇る自社開発SoC「Apple A」シリーズに長らく採用され続けていることでも知られています。そのほか、「LTE Cat.10」から「LTE Cat.12」をサポートし、キャリアアグリゲーションにも対応することも明らかにされました。

なお、CPUコアには既に省電力チップにおける “名器” となりつつある「Cortex A53」に加え、先日発表された最新の高性能チップ「Cortex A73」の2種類が採用されるとの見方が有力でるほか、最大で8GBまでのLPDDR4メモリをサポートするとの情報も伝えられています。

残念ながら今回、製品化の時期が明示されることはありませんでしたが、直近までの情報では来年前半中にも登場する見込みとされており、同時期の登場が予測されている米クアルコムの「Snapdragon 830」や韓国サムスンの「Exynos 8 Octa 8890」後継モデルと、直接対決することとなりそうです。

[EE Times China via Phone Arena]

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2016年7月27日 23:32 No.3625 返信

    10コアか。Snapdragonは最近コア数減らしてきてるけど、Helioはどんどん増えてくな。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます