マイクロソフト幹部、「Microsoft Band 3」の姿を誤って公開か

米マイクロソフト製のウェアラブルデバイス「Microsoft Band 2」の後継モデルと思しき端末の姿が、同社幹部によって “誤って” 公開されてしまったようです。

マイクロソフト幹部のパナス・パノイ氏は今回、同社のSurfaceシリーズの開発室からおよそ1時間に渡りライブストリーミング配信を行いました。

そして配信中、無造作に上着の袖を捲り上げた同氏の右手首には、謎のウェアラブルデバイスの存在が確認されることとなりました。

映像を見る限りでは、同氏の左手首に装着されているのはMicrosoft Band 2のようですが、右手首に収まっている端末には、Microsoft Band 2よりも幅広かつ薄いバンドが採用されているように見受けられます。

107 Microsoft Band 3 might accidentaly be unveiled

この端末が本当に「Microsoft Band 3(仮称)」なのかどうかは不明ですが、現行モデルに白色(灰色?)のバンドを搭載したモデルは存在していない点を踏まえると、少なくとも何らかの試作機である可能性は高そうです。

なお、先日には、Microsoft Band 2が在庫限りで販売終了になることが公式に示唆されましたが(過去記事)、あるいは後継モデルの発表は目前に近づきつつあるのかもしれません。

パノイ氏の “リーク行為” が意図的なものであるのか、単なるアクシデントに過ぎないのかは定かではありませんが、願わくば前者であって欲しいものです。

[Facebook via Neowin]

コメント投稿