世界的に名の知れた情報筋であるスティーブ・ヘミストーファー氏は11日(現地時間)、「Galaxy Note7」の試作機とされる端末の実機画像を、自身のTwitterアカウントを通じてリークしました。

68 purported Galaxy Note 7 prototype_1

最初にリークされた画像

画像を見る限りでは、やはりGalaxy Note7にデュアルエッジスクリーンが搭載されることは、ほぼ確定的と言ったところでしょうか。非エッジスクリーンを採用してきた従来のGalaxy Noteシリーズを愛してきたユーザーにとっては、あまり好ましくない変化と言えるかもしれません。

なお、ヘミストーファー氏は今回、2度に分けて計4枚の画像をリークしましたが、フロントカメラモジュールの周辺部に配置されているセンサーの数において両者には顕著な差異があり、一見して最初の1枚と残りの3枚とが異なる端末を撮影したものであることが分かります。

68 purported Galaxy Note 7 prototype_4

68 purported Galaxy Note 7 prototype_2

68 purported Galaxy Note 7 prototype_3

追加でリークされた画像

どちらがより実際の製品に近い仕上がりとなっているかは不明ですが、1枚目に写る端末は、先日エヴァン・ブラス氏によってリークされたレンダリング画像に、そのデザインが酷似しているように見受けられます(過去記事)。

いずれにせよ、Galaxy Note 7が来月初旬にも発表される見通しであるだけに、近日中にもより決定的な情報や画像がリークされることに期待できそうです。 

[Twitter]