米クアルコムは11日(現地時間)、新型フラッグシップSoCとして「Snapdragon 821」を発表しました。

70 Snapdragon 821

Snapragon 821は、既存のフラッグシップモデル「Snapdragon 820」よりもさらに高性能なチップとして開発されており、CPUおよびGPUともに動作周波数が引き上げられています。

以下は、両チップのスペック比較一覧。

Snapdragon 820 Snapdragon 821
製造プロセス 14nm FinFET
コア構成 Kryo × 4基
(高性能コア × 2基 + 省電力コア × 2基)
動作周波数 高性能コア群 2.2GHz 2.4GHz
省電力コア群 1.6GHz 2.0GHz
GPUコア 624MHz 650MHz

両チップともに、クアルコムが独自に開発したCPUコア「Kryo」を4基ずつ搭載しており、2基を1組として異なる周波数で動作させる「big-LITTLE構造」を採用しています。

そして、高負荷処理用のコア群の動作周波数が2.4GHzへと向上した一方で、省電力性能を重視したもう1組のコア群についても、1.6GHzから2.0GHzへと高クロック化が図られました。

さらに、GPUコアについてもおよそ5%ほど動作周波数が向上しており、総合的なパフォーマンスは1段階上へと引き上げられています。

なお、Snapdragon 821は、2016年下半期中の登場が予告されていますが、来月初旬の発表が期待されている「Galaxy Note7」にも同チップは搭載される見通しです。

[Phone Arena]