サムスン、2019年のAMOLEDパネル出荷量は5億6000万枚に達する見込み

DigiTimesは28日(現地時間)、韓国サムスンの子会社であるSamsung Displayが製造するAMOLEDパネルの出荷量は、2019年には5億6000万枚に達するとの予測を明らかにしました。

3 Samsung logo

2015年比で114%増という大きな成長の可能性が示唆された形となりますが、米アップルや中国のスマートフォンメーカーの存在が、サムスンの躍進に一役買うこととなる模様です。

DigiTimesによると、アップルは2017年よりサムスン製のAMOLEDパネルの採用を開始し、同年には4000万枚、翌年および翌々年には、それぞれ8000万枚と1億2000万枚ものパネルを発注する見込みとのことです。

また、ファーウェイやレノボ、VivoやOppoなどの中国企業からの発注量も増加の一途を辿る模様。その供給量(※合算)は、2016年には9900万枚、2019年には1億5000万枚にも達するとされています。

なお、ジャパンディスプレイ(JDI)やシャープのほか、中国および台湾のディスプレイ製造企業も、2019年ないし2020年には有機ELディスプレイの製造を開始する見通しとのことです。

[DigiTimes via Phone Arena]

10 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2016年7月1日 15:37 No.62 返信

    HDとかFHDでも、有機ELならなんとなくプレミアム感演出できるからうまい商売になってきてるな。液晶より安くつくれる水準まできてるんだっけ?

    • No Name 2016年7月1日 15:43 No.64 返信

      小型FPDの製造原価に関してはせやな

    • No Name 2016年7月1日 18:26 No.70 返信

      小型のFullHDならトントンまで来た、WQHDに関してはまだまだ
      これでキャノントツキや日本の素材屋も相当潤ってんだろうな~

    • No Name 2016年7月1日 19:07 No.75 返信

      ※64やが、小型LCD部材は相場が製造原価を下回り始めてるくらいやぞ。
      業界予測でも「高止まりしてるAMOLEDならなんとか商売できるんちゃうか」
      レベルで、決して美味い業界ちゃうぞ。

  2. No Name 2016年7月1日 15:40 No.63 返信

    sony wwwwwww

  3. No Name 2016年7月1日 18:57 No.73 返信

    GoogleがdaydreamでVR推ししてるのは大きい

  4. No Name 2016年7月1日 21:48 No.91 返信

    サムスンの経営戦略は当たるなあ

    • No Name 2016年7月1日 22:41 No.99 返信

      技術者、経営者ともに一流の天才集団だからな
      無駄に高い給料貰って仕事のフリだけしている日本企業社員とは違う

      • No Name 2016年7月2日 20:28 No.279 返信

        つまらない事で必ず一か月書類の審査がかかる日本とは大違いだわ

    • No Name 2016年7月2日 20:27 No.278 返信

      当たるんじゃなくて当ててるんだよ
      投入する資金が日本企業の何十倍なんだから当ててるんだよ

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます