ソフトバンク株式会社は14日(現地時間)、同社初となる「Windows 10 Mobile」搭載スマートフォン「SoftBank 503LV」を、法人向けに2016年10月下旬以降に発売することを発表しました。

85 Softbank 503LV

プレスリリースによると、SoftBank 503LVは、日本マイクロソフト株式会社、およびレノボ・ジャパン株式会社との協力の下に、「効率的なビジネスを可能にするプラットフォーム」を構築するための第一歩として開発された法人向けWindows 10 Mobile端末とのことです。

また、固定電話と音声サービスとを統合させることにより、利便性とコスト削減とを両立させたクラウドサービスである「Skype for Business」や、「Microsoft Intune」や「Enterprise Mobility + Security」など、端末の遠隔操作や業務用端末の情報保護を含めた一元管理化を実現するソフトウェアなどにも対応。

以下は、SoftBank 503LVの主なスペック。

OS Windows 10 Mobile
ディスプレイ 5.0インチ HD(1280×720)液晶ディスプレイ
SoC Qualcomm 1.5GHz駆動 64-bit オクタコア Snapdragon 617
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 約800万画素
フロントカメラ 約500万画素
ワイヤレス Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
バッテリー 2,250mAh
その他 microSDカード(最大128GB)
外形寸法 約142.4(W) × 71.4(D) × 7.6(H) mm
本体重量 約144g

そのほか、「Officeモバイル」を標準搭載しているほか、ディスプレイと接続することで簡易なデスクトップPCとして利用可能にする機能「Continuum」も実装するなど、法人向け端末としての利便性に心が砕かれた仕様となっています。

なお、残念ながら今回、具体的な発売日や販売価格などについては発表されませんでしたが、スペックを見る限りでは、ミッドレンジモデル相当の価格帯に投入されることとなりそうです。

[ソフトバンク株式会社 via ケータイ Watch]