サムスン、フラッグシップTizen OSスマホ「Samsung Z9」を開発中か

Tizen Expertsは21日(現地時間)、「Tizen OS」を搭載する韓国サムスン製の新型フラッグシップスマートフォンとして、「Samsung Z9」が開発されていることを示唆するデータが、インドの輸出入情報サイトZaubaのデータベース上に確認されたことを伝えています。

101 Samsugn Z3

Tizen Expertsによると、Zaubaのデータベース上に今回、「SM-Z930F」という型番のサムスン製端末の存在が発見されたとのこと。その型番から察するに、Tizen OSを採用するSamsung Zシリーズの新型モデルであると推察されます。

また、既に同シリーズには「Samsung Z1」と「Samsung Z3」の2機種が存在しており、それぞれには「SM-Z130」や「SM-Z300」という型番が与えられていますが、その “法則” から逆算するに、SM-Z930FはSamsung Z9として発表されることになりそうです。

101 SM-Z930F listed in Zauba database

Zaubaのデータベース上に登録されていた「SM-Z930F」のデータ

そのほか、過去には「SM-Z150」や「SM-Z200F」、「SM-Z510」という型番の端末も発見されています(過去記事[1][2])。仮にすべて製品化されるとするならば、やはり前から順にSamsung Z1(の新型モデル)、「Samsung Z2」、「Samsung Z5」として登場することになるのでしょうか。

なお、Samsung Z2については、今月23日にインドにて発表される見通しですが(過去記事)、Samsung Z9の発表時期については、今後の続報に期待したいところです。。

[Zauba via Tizen Experts via Phone Arena]

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2016年8月23日 23:37 No.7769 返信

    番号飛び過ぎてわけわからんぞw

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます