米アップルは2日(現地時間)、「iOS 10」および「macOS 10.12 Sierra」の最新パブリックベータ版の提供を開始しました。

16 macOS Sierra

新たに提供が開始されたパブリックベータ版はともに第3版となりますが、その内容は、数日前に開発者向けにリリースされたばかりの開発者向けベータ版(第4版)と概ね同一となっています。

なお、iOS向けの最新開発者向けベータ版においては、不具合の修正や安定性の向上が図られたほか、新たな絵文字の追加や一部UIデザインの変更および微調整も行われ、前バージョンで追加された電源ボタン押下時の触覚フィードバックも廃止されることとなりました。

一方でmacOS Sierra向けの最新開発者向けベータ版では、新機能の追加などは行われておらず、不具合の修正および安定性の向上といった全体的なブラッシュアップが果たされた模様。

「iPhone 7」シリーズの発表まで、残りおよそ1ヶ月強。正式リリースまでの短い期間の間に、細かな不具合はさておき、致命的な問題はすべて潰されることに期待したいところです。

[Neowin]