The Korea Heraldは16日(現地時間)、韓国の地元紙によって、先日発表された「Galaxy Note7」の出荷台数が「Galaxy Note5」のおよそ2倍に達する見通しと報じられたことを伝えています。

70 Samsung Electornics CEO Koh Dong-jin

サムスンCEOのコ・ドンジン氏

報道によると、2016年第3四半期の3ヶ月間におけるGalaxy Note7の平均月間生産量は、昨年同時期におけるGalaxy Note5の生産量のおよそ倍にあたる300万台に届くとのことです。

それを受けてサムスンは現在、より安定した端末の生産を実現するべく、製造パートナーに対して虹彩認証センサーなどの主要な部品の供給元を多様化させることを要求している模様。

また、既に韓国市場におけるGalaxy Note7の予約台数は40万台を突破しているほか、2016年内の総出荷台数はシリーズ最高の1800万台に達する見込みとされています。

なお、Galaxy Note7はまず韓国、米国および中国において今月19日より発売が予定されています。一方で、部品供給などの関係からオランダやロシアなど他市場での販売開始は遅れることになるものの、来月中までには発売が予定されているほぼすべての地域にて発売される見通しです。

[The Korea Herald via Phone Arena]