Phone Arenaは12日(現地時間)、台湾の国家通訊伝播委員会(National Communication Commission / NCC)のデータベース上に、台湾ASUSの未発表スマートウォッチ「ZenWatch 3」の画像が、(誤って)公開されていたことを伝えています。

61 leaked ZenWatch 3 body_1

NCCによる認証は、日本国内における電波法認証と同等の意味を持っており、台湾において電話機や通信モデムなど、通信機能を有する製品を発売する際には必ず取得が求められるものとなります。

そして今回、ZenWatch 3もNCCの認証を通過したものの、NCC側の落ち度かASUS側の不手際かは定かでないものの、同端末の姿がNCCのデータベース上に公開されるに至ったとのことです。

61 leaked ZenWatch 3 body_2

61 leaked ZenWatch 3 body_3

初代「ZenWatch」および「ZenWatch 2」はともに長方形ディスプレイを採用していましたが、公開された画像を見る限り、どうやらZenWacth 3には真円形のディスプレイが採用されています。また、竜頭(クラウン)の数も1つから3つに増加しており、第3世代モデルにして大幅なフォームファクタの刷新が図られることとなる模様。

なお、ZenWatch 3の発表時期などは判明していませんが、歴代のZenWatchシリーズはともにIFAで発表されてきた経緯があるだけに、来月初旬に独ベルリンにて開幕を迎えるIFA 2016にて発表されることになりそうです。

[Reddit via Phone Arena]