App Store、登録アプリ数は2020年末までに500万個を突破する見込み

アプリ関連のマーケティングや最適化を行う米国Sensor Towerは10日(現地時間)、米アップルの提供するiOS向けアプリの販売プラットフォームであるApp Storeに登録されるアプリの総数が、2020年末までに500万個を突破する見込みとの予測を発表しました。

55 Total Number of Active Apps on the App Store estimation conducted by Sensor Tower

Sensor Towerが発表したApp Storeの登録アプリ数の推移予測

Sensor Towerが発表した最新の予測によると、App Store上に登録されるアプリの数は2016年末までに293万個に達し、その後も堅調なペースで伸び続けた結果、最終的に2020年末までには506万個にまで到達する見込みとのことです。

なお、数か月前には、米アップルによってApp Storeに登録されているアプリの総数が200万個を突破したことが発表されましたが、仮にSensor Towerの予測通りに事態が推移したならば、2016年前半から2020年末までのおよそ6年弱の間に、登録アプリ数は2.5倍以上に増加することになります。

また、2016年5月中に新規に登録されたアプリの総数は4万8231個となり、そのうちのおよそ43%にあたる2万958個のアプリがゲーム関連であった模様。その下には教育向けやエンタープライズ向け、あるいはビジネス向けアプリなどが続きますが、どれも全体の5%程度に相当する2400個前後が追加されるにとどまりました。

55 New Apps Added to App Store by Category in May 2016

2016年5月中にApp Storeに追加されたアプリの内訳

アプリの登録数が増えるというのも、「選択肢が増える」という意味合いにおいては非常に喜ばしいことであると思われますが、反面、アプリの玉石混淆が進み、自分にとって真に有用なアプリに辿り着くまでの手間が増える可能性をも孕んでもいます。

当然、アップルもその “危険性” には思い至っているはずですので、今後は検索システムや検索アルゴリズムのさらなる改良など、App Storeのユーザビリティ改善が推し進められることとなりそうです。

[Sensor Tower via Phone Arena]

ソーシャルシェア

3 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2016年8月17日 06:43 No.6676 返信

    2015-2016年で、伸びている。世界シェア落としているのにこの予測はないだろう。

  2. No Name 2016年8月17日 12:51 No.6690 返信

    apple TV側のストアが絶望的なんだけど…
    ゲームパッド対応が条件なので開発が厳しいのかな?

  3. No Name 2016年8月17日 14:42 No.6694 返信

    ゴミだらけ

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます