中国Xiaomiは4日(現地時間)、同社初のVRヘッドセットとなる「Mi VR Play」を正式に発表しました。

31 Xiaomi Mi VR Play official render_1

Mi VR Playは、米グーグルの「Google Cardboard」や韓国サムスンの「Gear VR」と同じく、“スマートフォンを装着して使用する” タイプのVRヘッドセットとなりますが、筐体の素材に「ライクラ」と呼ばれるストレッチ性に富んだ化学繊維を採用。さらに、デザインや配色の異なる複数のバリエーションモデルを用意している点において、他の競合製品と大きく異なります。

また、4.7インチから5.7インチまでのスマートフォンに対応するマウント部には2つのファスナーによる開閉方式が採用されているほか、正面部にある2つの縦長な長方形の切れ込みは、装着した端末の位置を調整するために設けられているとのことです。

31 Xiaomi Mi VR Play official render_3

31 Xiaomi Mi VR Play official render_2

そのほか、端末上面部に搭載されている1基のハードウェアボタンはいわゆる “決定ボタン” であり、装着者は首を左右上下に動かす動作とこのボタンの押下とを組み合わせることにより、アプリやコンテンツの操作が可能になるとされています。

なお今回、具体的な発売時期および販売価格については明らかにされませんでしたが、ベータテストの参加者に対してはわずか1人民元(約15円)で提供されていることを踏まえると、実際の端末もかなり手頃な価格で発売されることに期待できそうです。

[MIUI via Phone Arena]