[ご挨拶]

諸事情により長らく更新が滞ってしまいましたが、本日より記事の更新を再開させていただきます!

お待ちいただいていた方に感謝と謝罪を捧げつつ、ここからまた心機一転して頑張っていく所存ですので、改めてよろしくお願いいたします。

米アップルの提供するモバイル決済サービス「Apple Pay」が25日(日本時間)、日本市場においても正式にサービスインを果たしました。

1-apple-pay

先月、日本市場に投入される「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」について、正式に「Felica」 への対応を果たしたことが発表され、国内に数多く存在するiPhoneユーザーを中心に大きな喜びと驚きに包まれました。

そして今回、本日未明にリリースされた「iOS 10.1」および「watchOS 3.1」へと端末をアップデートすることで、ついにApple Payを国内でも利用することが可能になりました。

なお、「FeliCa」とはソニーの開発した「非接触型ICカードを利用した近距離無線通信システム」の名称であり、「NFC(近距離無線通信技術の国際規格)」に準拠した通信技術とICカードによるデータ管理技術とを組み合わせたシステムとなり、「楽天Edy」や「PASMO」など国内の代表的な電子マネーサービスの多くに採用されています。

1-sony-felica

そのほか、公式サイトによると、店頭や駅の改札などでの決済はiPhone 7シリーズと「Apple Watch Series 2」のみ可能となりますが、Webサイト上やアプリケーション内での決済については、「iPhone 6」以降または「iPad mini 3」以降のiOSデバイス、および初代「Apple Watch」シリーズでも可能に。さらに、対応する電子マネーは「Suica」、「iD」および「QUICPay」の3種類とのこと。

また、あらかじめ専用アプリを通じてクレジットカード情報などをApple Pay側に登録しておく必要があるほか、端末の電源が完全に切れてしまっている状態では一切の決済が不可能となってしまうため、通勤通学時などに交通機関の支払いにApple Pay(Suica)を利用する予定の方は、これまで以上に端末の電池残量には気を配る必要がありそうです。

[アップル / ハフィントンポスト]