米マイクロソフトは26日(現地時間)、同社初となるオールインワン(AIO)型PC「Surface Studio」を正式に発表しました。

5-surface-studio_1

Surface Studioはクリエイター向けに最適化された製品であり、既存の「Surface」シリーズと同様にタッチ操作が可能であるほか、「Surface Pen」によるスタイラス入力にも対応している点を大きな特徴の1つとしています。

そして、28インチの大きさを誇るディスプレイは、近年のSurfaceシリーズと同様に「3:2」のアスペクト比を採用。その解像度は1350万画素(4500×3000)にも達しており、さらに前例のないほどに正確な色再現性を実現しているにもかかわらず、ディスプレイ部はわずか12.5mmという薄さに仕上げられているとのことです。

また、「Windows Hello」による顔認証システムにも対応しているほか、「Zero Gravity Hinge」と呼ばれる特殊なヒンジを採用したことにより、ユーザーは最も作業しやすい角度にディスプレイを自在に変更することも可能となりました。

以下は、Surface Studio最上位モデルの主なスペック。

OS Windows 10 Pro
ディスプレイ 28インチ 4500×3000 PixelSenseディスプレイ
CPU Intel 第6世代(Skylake) Core i7シリーズ
GPU NVIDIA GeForce GTX980M(4GB GDDR5)
RAM 32GB 
ストレージ 2TB ラピッドハイブリッドドライブ
ワイヤレス Bluetooth 4.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Xbox Wireless
その他 USB 3.0ポート × 4
SDカードリーダー(※SDXC対応)
Mini DiplayPort
本体重量 9.56kg

5-surface-studio_2

少なくとも最上位モデルについて言えば、非常に高い処理能力が要求される一部の作業はともかくとして、多くのクリエイターに必要とされる作業をこなすには十分なスペックに仕上げられていると言えそうです。

そのほか今回、Surface Studio専用のアクセサリとして、「Surface Dial」も発表されました。文字通りダイアル型のデバイスであり、ダイアルを回すことでページをめくるなどの作業を操作できるようになります。

5-surface-dial

さらにSurface Dialは、従来のマウスやキーボードと同様に机などの上において使用することはもちろん、Surface Studioのディスプレイ上に直接置いても使用可能となり、様々な操作をより直感的に行えるとのこと。

なお、既に米国ではSurface Studioの予約の受注を開始しており、予約購入者にはSurface Dialが無償で進呈されます。標準モデルおよび上位モデルはそれぞれ2999ドル(約31万3000円)と3499ドル(約36万5000円)、最上位モデルが4199ドル(約43万8000円)にて、2016年12月15日より発売される予定です。

[Neowin / マイクロソフト]