「Snapdragon 835」のスペックがリーク ―オクタコアプロセッサに?

安卓中国は22日(現地時間)、先日発表された「Snapdragon 835」のスペックが、新たにリークされたことを伝えています。

44-leaked-snapdragon-835-spec-sheet

新たにリークされたスペック表によると、Snapdragon 835(MSM8998)は「Kryo 200」と呼ばれる新型CPUコアを8基搭載するオクタコアSoCとなり、GPUコアには未発表の新型GPUコア「Adreno 540」が採用されているとのことです。

そして、既報通り韓国サムスンの「10nm FinFET」プロセスで製造されるほか、RAMおよびストレージには、それぞれ1866MHz駆動のLPDDR4Xメモリと最新規格である「UFS 2.1」が採用されている模様。

また今回、「Snapdragon 660(MSM8976 Plus)」のスペックもリークされました。Snapdragon 835と同じくオクタコアSoCとなるようですが、CPUコアには初代「Kryo」を採用しているほか、GPUも「Adreno 512」へと変更されています。

一方で、RAMおよびストレージについては、Snapdragon 835と同様にLPDDR4XとUFS 2.1の最新規格をサポート。ただし、製造はサムスンの「14nm FinFET LPP」プロセスで行われる見込みです。

なお、Snapdragon 835は2017年第1四半期、Snapdragon 660は2017年第2四半期中に市場に提供される予定とされています。

仮に今回の情報が事実だとするならば、両チップともに来年前半に各社から続々と発表されるであろう新型スマートフォンに採用されることとなりそうです。

[安卓中国 via SamMobile]

ソーシャルシェア

1 件のコメント

このコメント欄には、弊社が開発する人工知能を搭載したコメントシステム「Quelon」は導入されていません。メディア媒体またはコミュニティサイトにおける導入をご検討の場合はお気軽にお尋ねください。

  1. No Name 2016年11月27日 14:54 No.14667 返信

    発熱がどうなってるのか・・・

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます