HTC、新型ミッドレンジスマートフォン「HTC Desire 650」を発表

台湾HTCは22日(現地時間)、新型ミッドレンジスマートフォン「HTC Desire 650」を発表しました。

43-htc-desier-650_1

今年2月にHTCから発表された「HTC Desire 630」(過去記事)の後継モデルと見られるHTC Desire 650ですが、新たに背面部にはグリップ性を向上させるための特殊な紋様が追加されました。

以下は、HTC Desire 650の主なスペック。

OS Android 6.0 Marshmallow
ディスプレイ 5.0インチ HD(1280×720)ディスプレイ
SoC Qualcomm クアッドコアSoC(Snapdragon 400?)
RAM 2GB
ストレージ 16GB
メインカメラ 約1,300万画素
フロントカメラ 約500万画素
バッテリー 2,200mAh
その他 microSDカードスロット(最大2TB)
外形寸法 146.9(W) × 70.9(D) × 8.4(H) mm
本体重量 140g

スペック面に関しては、HTC Desire 630との明確な差異を確認することはできず、後継モデルというよりはバリエーションモデルと言った色合いの方が強い印象を覚えます。

なお、HTC Desire 650は、台湾市場において12月上旬に、およそ170ドル(約1万9000円)にて発売される予定。

しかしながら、今年2月に発表した端末とほとんど変わり映えのしない新型端末をこの時期に投入するのも、やはり年末商戦に向けた “てこ入れ” の1つと言ったところでしょうか。

[HTC via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます