HTC、「HTC 10 evo」を発表 ―3.5mmイヤホンジャック非搭載

台湾HTCは22日(現地時間)、米国内において今月11日に発表した「HTC Bolt」のグローバルモデルとなる「HTC 10 evo」を、新たに発表しました。

39-htc-10-evo

HTC Boltのグローバルモデルであるため、3.5mmイヤホンジャックの廃止や「Boomsound Adaptive Audio」技術の採用など、両端末の特徴や仕様はほぼ完全に一致しています。

以下は、HTC 10 evoの主なスペック。

OS Android 7.0 Nougat
ディスプレイ 5.5インチ WQHD(2560×1440)Super LCD 3ディスプレイ
SoC Qualcom 2.0GHz駆動 64-bit オクタコア Snapdragon 810
RAM 3GB
ストレージ 32 / 64GB
メインカメラ 約1,600万画素 (OIS / 像面位相差AF)
フロントカメラ 約800万画素
バッテリー 3,200mAh


その他
USB Type-Cポート(※USB 2.0規格準拠)
microSDカードスロット(最大2TB)
指紋認証センサー
防塵防水機能(IP57相当)
急速充電機能(Quick Charge 2.0)
外形寸法 153.59(W) × 77.3(D) × 3.7~8.09(H) mm
本体重量 174g

全体的なスペックとしては “1世代前のハイエンドモデル” と同等と言ったところでしょうか。また、HTC Boltと同様に、ディスプレイは最新の液晶保護素材「Gorilla Glass 5」で覆われています。

なお、HTC Boltはシルバーとガンメタルの2色展開でしたが、HTC 10 evoは3色目としてゴールドが用意されており、台湾市場においては今月末までに1万7900台湾ドル(約6万4000円)より販売が開始される予定です。

[HTC via Phone Arena]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます