次世代iPhone、サムスン製の曲面プラスチック有機ELディスプレイを採用か

The Korea Heraldは18日(現地時間)、「iPhone 8」有機ELディスプレイ搭載モデルには、曲面パネルが採用される見込みと報じています。

23-fascia-of-apple

The Korea Heraldによると、iPhone 8に採用されるプラスチック有機ELディスプレイの両側辺は、「Galaxy S7 edge」のように緩やかに湾曲しているとのことです。

そして、この有機ELパネルは韓国サムスンによって年間で7000万から1億枚ほど供給されるほか、平面ディスプレイを採用するiPhone 8には、韓国LGおよびJDI製の液晶パネルが採用される見込みとされています。

また、消息筋は今回、有機ELパネル搭載モデルには、曲面ディスプレイであることの利点を生かすような新たなタッチ技術が実装されている可能性も示唆されました。

なお、先日には、折り畳み可能なフレキシブル有機ELディスプレイの開発に関して、アップルと米グーグル、およびLGとの間においてパートナーシップが形成された模様と報じられましたが(過去記事)、こちらについては2018年までに量産が開始され、iPhone 8シリーズにも採用される見込みとのことです。

[The Korea Herald via Phone Arena]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます