Gear by MySmartPriceは28日(現地時間)、「LG G6」の図面を基に作成しされたレンダリング画像を新たに公開しました。

Gear by MySmartPriceによると、今回のレンダリング画像は、世界的な情報筋であるスティーブ・ヘミストーファー氏が入手したLG G6の図面を基に作成されたものであるとのことです。

まず、「LG G5」からの最大の変更点を挙げるならば、やはり鳴り物入りで導入された交換式モジュールシステムが早くも廃止された点でしょうか。

一方で、背面部にはデュアルカメラと指紋認証センサーが引き続き搭載されていますが、画像を見る限りでは、LG G5に採用されているモジュールと同様に焦点距離の異なるレンズが採用されているように見受けられます。

また、筐体には「USB Type-C」ポートとイヤホン用の挿入口の姿があり、少なくとも今回については、どうやら3.5mmイヤホンジャックの廃止が見送られた模様です。

 

そのほか、LG G6の外形寸法については、「148.8(W) × 72.3(D) × 8.0~8.3(H) mm」となることが判明したと伝えられています。

なお、ヘミストーファー氏はこれまでにも様々なメディアと協力して、自身の得た情報を基に作成したレンダリング画像を公開してきましたが、そのどれもが実物とほとんど差異のない仕上がりでした。

その実績を踏まえると、今回のレンダリング画像についても、LG G6の実際の姿が非常に高い精度で再現されていると見て良さそうです。

[Gear by MySmartPrice via Twitter]