「Moto G5」のスペックが新たにリーク ―Android 7.0 Nougat搭載のミッドレンジモデルに

Tecnoblogは28日(現地時間)、モトローラの次世代ミッドレンジスマートフォン「Moto G5」のスペックが、新たにリークされたことを伝えています。

Tecnoblogによると、今回新たにMoto G5(XT1672)のシステム情報を撮影したとされる画像がリークされ、主なスペックが判明したとのことです。

以下は、新たに判明したMoto G5のスペック情報。

OS Android 7.0 Nougat
ディスプレイ 5.0インチ フルHD(1920×1080)
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 430
RAM 2GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 約1,300万画素
フロントカメラ 約500万画素
ネットワーク 4G LTE通信
ワイヤレス Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
バッテリー 2,800mAh
その他 microSDカードスロット(最大128GB)

また今回、ほぼ時を同じくして姉妹モデル「Moto G5 Plus」のスペックについても情報がリークされました(過去記事)。

情報によると、5.5インチのフルHD(1920×1080)ディスプレイや「Snapdragon 625」、4GBのRAMに3100mAhのバッテリーを搭載するなど、全体的によりハイスペックな端末として登場するとのこと。

なお、両機種ともにMWC 2017での発表が有力視されています。国内のSIMフリー端末市場においても「Moto G4 Plus」は一定の人気を獲得しているだけに、その後継モデルも国内発売される可能性が高そうです。

[Tecnoblog via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます