「Galaxy S8 / Galaxy S8 Plus」のフロントパネルがリーク

Phone Arenaは18日(現地時間)、「Galaxy S8」シリーズのものと見られるフロントパネルの画像が、新たにリークされたことを伝えています。

画像をリークしたDforDesign氏によると、一回り小さい方がGalaxy S8、一回り大きい方が「Galaxy S8 Plus」のフロントパネルであるとのことです。

「Galaxy S7」シリーズから大幅にベゼルレス化が推し進められた様子が一見して見て取れますが、そのデザイン自体は、先日リークされたGalaxy S8およびGalaxy S8 Plusの図面に描かれていた姿と概ね合致しています(過去記事)。

一方で、フロントパネルの上ベゼル部には、図面には描かれていなかった数多くの孔の存在を確認。Galaxy S7シリーズよりも増加した孔の数は、噂されている虹彩認証センサーやAF(オートフォーカス)機構を実装した新型フロントカメラモジュールの搭載を予期させます。

なお、直近の情報によると、Galaxy S8およびGalaxy S8 Plusには、それぞれ5.7インチまたは6.2インチ前後の「デュアルエッジスクリーン」が採用される見込みとのこと。

また、今回の画像から実際の寸法を測ることはできませんが、狭額化が進んだ分、現行シリーズよりも大きなディスプレイが搭載されるというのは、十分にあり得る話であると思われます。続報に要注目です。

[Twitter via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます