「Android One」スマートフォン、年内中頃までに米国市場でも発売か

The Informationは17日(現地時間)、「Android One」スマートフォンが、2017年中頃までに米国においても発売される見込みと報じています。

発売される端末は、既存のAndroid Oneスマートフォンと同様に、OSにはいわゆる “ピュアAndroid(ストックROM)” を採用し、発売日から2年間は、最新のソフトウェアおよびセキュリティアップデートを米グーグルから直接受け取ることが可能となる模様。

また、既存のAndroid One端末の多くが100ドル(約1万1400円)程度で販売されているのに対し、米国向けモデルは200~300ドル(約2万3000~3万4000円)前後で発売される見通しとされています。

これは、既存のAndroid Oneスマートフォンがその価格設定の低さゆえに低スペックにならざるを得ず、他の競合製品に対する競争力が非常に弱くなってしまったことの反省を受けた上での決断であるとのことです。

なお、既にインドおよび欧州市場に提供されて久しいAndroid Oneプログラムですが、米国市場においては、まず韓国LGによって開発された端末が発売される見込みとされています。

[The Information via Android Central]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます