ASUS、デュアルカメラ搭載「ZenFone 3 Zoom」を発表 ―光学2.3倍ズームを実現

台湾ASUSは4日(現地時間)、デュアルカメラモジュールを採用する新型ミッドレンジスマートフォン「ZenFone 3 Zoom」を発表しました。

ZenFone 3 Zoomにおける最大の特徴としては、背面部に搭載された2基の1200万画素イメージセンサーから構成されるデュアルカメラモジュールが挙げられます。

ASUSによると、最新のソニー製デュアルピクセルイメージセンサー「IMX362」とF値1.7の明るい光学レンズに、「Super Pixel Technology」と呼ばれる独自技術が組み合わさったことにより、「iPhone 7 Plus」の2.5倍の高感度性能を実現しているとのことです。

また、ZenFone 3 Zoomのデュアルカメラは、iPhone 7 Plusに搭載されているものと同様の機能を実現。最大2.3倍の光学ズーム機能に加え、背景を疑似的にボケさせて被写体を効果的に浮かび上がらせる「ポートレートモード」が利用可能となりますが、後者については今後のアップデートにより実装される予定とされています。

一方で、デュアルカメラという特殊性を除いてしまえば、そのスペック自体は一般的な高性能ミッドレンジスマートフォンとそう大差ありません。

以下は、ZenFone 3 Zoomの主なスペック。

OS ZenUI 3.0(※Android 6.0 Marshmallow) 
ディスプレイ 5.5インチ フルHD(1920×1080)AMOLEDディスプレイ
SoC Qualcomm 2.0GHz駆動 64-bit オクタコア Snapdragon 625
RAM 最大4GB
ストレージ 32 / 64 / 128GB eMPC
メインカメラ 約1,200万画素 IMX362 × 2(レーザーAF / 4軸OIS)
フロントカメラ 約1,300万画素
バッテリー 5,000mAh

その他
microSDカードスロット(最大2TB)
指紋認証機能
デュアルSIM機能
USB Type-C 2.0ポート
外形寸法 154.3(W) × 77(D) × 7.99(H) mm
本体重量 170g

OSには「Android 6.0 Marshmallow」を搭載していますが、年内にも「Android 7.0 Nougat」へとアップデートされる模様。また、5000mAhのバッテリーに加え、高い省電力性を誇る「Snapdragon 625」を採用しているため、非常に優れたバッテリーライフを実現しています。

なお、ZenFone 3 Zoomは、2017年2月中の発売が予定されています。販売価格や発売される地域などについては一切明らかにされていませんが、近日中にも詳細が明らかにされる見通しであり、国内市場での発売にも大いに期待できそうです。

[Phone Arena / ASUS]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます