米HPは3日(現地時間)、15.6インチの4K(3840×2160)ディスプレイを搭載した薄型ノートPC「Spectre x360」を新たに発表しました。

Spectre x360は同名の既存製品の最新モデルであり、新たに米インテルの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」シリーズをプロセッサに採用したほか、狭額ディスプレイの解像度はフルHD(1920×1080)から4Kへと大幅に向上しました。

また、米NVIDIAの「GeForce 940MX」をGPUとして搭載しており、スピーカーについても老舗オーディオメーカーであるBang & Olufsenの監修が加えられています。さらに、ディスプレイ解像度が前モデル比で4倍となったにもかかわらず、最大12時間45分ものバッテリーライフを実現しているとのことです。

そのほか、ディスプレイ上部に搭載された赤外線センサーにりを搭載しており、「Windows Hello」による生体認証が利用可能であるほか、ディスプレイを360°開閉可能な構造も継承されました。

以下は、Spectre x360の主なスペック。

OS Windows 10 Home(64-bit)
ディスプレイ 15.6インチ 4K(3840×2160)ディスプレイ
CPU Intel 2.7GHz駆動 64-bit クアッドコア Core i7-7500U
GPU NVIDIA GeForce 940MX(2GB DDR5メモリ)
RAM 16GB DDR4-2133 (8GB × 2)
ストレージ 512 GB PCIe NVMe M.2 SSD
バッテリー 79.2Wh(6セル)
ポート類 HDMI × 1
Thunderbolt 3 × 1
USB 3.1 Type-C Gen 1 × 1
USB 3.1 Gen 1 × 1
その他 Windows Hello対応
SDカードリーダー
外形寸法 約355.6(W) × 251(D) ×  17.8(H) mm
本体重量 約2.0kg

なお、米国の公式オンラインストア上においては、1279ドル(約14万8000円)にて2017年2月26日より販売が開始される予定とのこと。現時点では日本国内の公式Webサイト上にSpectre x360の製品ページは公開されていませんが、今後の発表に期待したいところです。

[HP via Neowin]