HP、湾曲34インチディスプレイ搭載AIO型PC「Envy Curve AIO 34」を発表

米HPは3日(現地時間)、34インチの湾曲ディスプレイを搭載したAIO(オールインワン)型デスクトップPCの最新モデルとして、「Envy Curve AIO 34」を発表しました。

今回発表された新型Envy Curve AIO 34は、CPUに米インテルの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」シリーズ(Core i7またはCore 5)、GPUには米NVIDIA製のディスクリートGPUを採用。

さらには、Ultra WQHD(3440×1440)解像度の34インチ湾曲IPS液晶ディスプレイや最大16GBのRAM、最大256GBのSSDと2TBのHDDを搭載しており、全体的に高性能な端末に仕上げられています。

また、薄型の長方形をした本体部にはBang & Olufsen監修のスピーカーが計4基も内蔵されているほか、本体部表面にある円形の窪みからは、スピーカーのボリューム調整や再生楽曲の選択などを行うことが可能に。「Qi」規格に対応した端末を本体部に置くことで、ワイヤレス充電を行えるとのことです。

そのほか、ディスプレイ上部に配置されたWebカメラユニットには、赤外線センサーも内蔵されており、「Windows Hello」による生体認証機能も利用可能とされています。

なお、Envy Curve AIO 34は、HPの公式オンラインストア上では今月11日、一部小売店からは2017年2月26日に、1799ドル(約20万8000円)にて発売される予定。残念ながら、現時点までに国内市場での発売予定は明らかにされていませんが、続報に期待したいところです。

[HP[1][2] via Neowin]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます