「iPhone 8」、5.8インチ有機ELディスプレイを採用か ―物理ボタンは搭載せず

AppleInsiderは18日(現地時間)、米国の投資会社Cowen and Companyのアナリストであるティモシー・アルクリ氏が、次世代iPhoneシリーズに関する最新予測を発表したことを伝えています。

「iPhone 8」のコンセプト画像

アルクリ氏が米アップルのサプライチェーン筋を通じて得た情報によると、有機ELディスプレイをシリーズ史上で初めて搭載する「iPhone 8」には、5.8インチディスプレイが採用される見通しとのことです。

さらに、有機ELパネルは端末正面部を端から端まで余すことなく覆う形で搭載されることになるため、ホームボタンやフロントカメラ、およびフロントスピーカーなどは、すべてディスプレイ直下に埋め込まれる形で実装される見込みとしています。

ただし、5.8インチというのはパネル全体の大きさであり、実際の表示領域としては5.1または5.2インチ程度になる模様です。

「iPhone 8」にはワイヤレス充電機能も実装されるとのこと

また、同氏は今回、ディスプレイ越しの指紋認証を可能にするべく、新たに米Synaptics製の指紋認証センサーが採用されるとの見解を明らかにしたほか、何らかの形で顔認証およびジェスチャー認識機能が搭載される可能性をも指摘。

なお、「iPhone 7」シリーズと同じデザインの「iPhone 7s」シリーズも同時に発表されるとのことですが、アルクリ氏は今回、「液晶ディスプレイが採用される見込み」とだけ明かし、その詳細については言及しませんでした。

“シリーズ10周年記念モデル” となるだけに、アップルがiPhone 8にもたらす革新には大いに期待したいところです。

[AppleInsider]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます