「LG G6」はLG G5よりも安価な端末に? ―20%以上の製造コスト削減か

The Investorは3日(現地時間)、韓国LGの次世代フラッグシップスマートフォン「LG G6」は、現行モデル「LG G5」よりも安価な端末として発売される見込みと伝えています。

The Investorが韓国の消息筋から得た情報によると、主に各種部品の価格が下落したことを受けて、LG G6の製造コストは、LG G5比で20%以上も削減される見通しとのことです。

なお、LGは2016年第4四半期に4000億ウォン(約389億円)もの損失を計上する見通しですが、2017年は同社のスマートフォン事業にとって正の方向への “転換期”  になるとされています。

また、削減された製造コストがそのまま販売価格に反映されるかどうかは不明ですが、スペックが同等の製品同士であれば、価格の安さはそのまま競争力へと繋がるため、LG G6が競合製品を出し抜くような価格で販売されることにも期待できそうです。

[The Investor via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます